Soh Farm About Organic Work Process Inquiry
<< Top page
SOHファームの誕生
 2002年3月に発電事業関係企業を退職後、鹿児島県志布志市に移住して、ピーマン生産の研修を受け2003年7月に独立してJA関連でピーマンの生産を開始しました。
 その後、3~4年経過後、食の安全と生産者の健康が気になり、化学肥料・科学農薬をできるだけ使わない農業を目指し、有機JASの認証にむけ圃場管理を開始しました。2008年に一部を有機JASの認証を取得して生産を始めました。2009年にはJA関連との取引を止め、有機JAS専用圃場として生産出荷を始め、さらに中間マージンの経費削減と後継者育成・技術の整備向上・安定生産・安定供給のために2011年に法人化に踏み切りました。
企業名、ロゴデザインのコンセプト
企業名「SOHファーム」のコンセプトは、
S…Safety(安全)
O…Organic(オーガニック)
H…Human(人間)
野菜を作る人、食べる人、全てが安心安全でありたいという思いを込めて命名しました。
 ロゴデザインのコンセプトは、農業生産には新緑が重要で葉で光合成を繰 り返し、栄養素を取り込んでいます。さらに安全な農作物には人間が食するだけでなく、昆虫などの生き物も害虫駆除をしながら共生しています。ロゴのテントウムシはアブラムシを駆除してくれる重要な役目を果たしてくれています。
有機JAS認証取得~法人化までの苦労
 食と生産者の安全と健康が気になり、化学肥料・科学農薬の使用を減らしても、実際にやろうとすると病害虫により出荷できる品物にならず、途中で苗作りからやり直したこともあり、とても生活できるレベルではなく挫折しそうになったこともありました。そこで全てを有機JASのやり方に合わせてやり直すように、鹿児島県内・宮崎県内・熊本県内の農家に出向いて勉強し、土作りから施肥・防除方法など全て見直しました。それから、3年経過した頃からやっと生活費が出るようになり、先が見えるようになったと思います。そして、法人化して経営の安定に繋げることで永続的な後継者育成になると確信しました。
消費者への思い
 自分も単なる消費者から農業生産者と消費者という両方の立場を経験することで、消費者はただ与えられるだけの立場で、どういう過程を経て生産されているのか知らずに消費しているので、農作物の安全安心というものに疑問を持つようになり、生産者としての責任をとても重要に考えるようになりました。
 有機JASの認証を受けて生産すれば、国の指導も含めて行程管理記録・使用資材面・圃場の管理面など、生産者の安全面での信用性が非常に高い農法であるため、自分もこの方法で生産することで消費者の安全と安心をより高めることができると思いました。
生産者として
 東日本大震災の影響で福島原発の事故影響については、私の前職が発電事業のため、当然原子力関連製品製造にも携わってきましたので、より安全な食料生産に、真剣に取り組むべきだと考えております。これから先、鹿児島県志布志市の恵まれた大地を駆使して、少しでも安心安全な食料の生産に寄与できればと思っております。