無農薬(無化学農薬)なので安心!SOHファームの有機栽培ピーマンを是非ご賞味下さい。 | ピーマンができるまで

ピーマン栽培の流れ

土づくり
土中の線虫駆除・土の団粒化による保肥力・保水力を改善し、作物の根張を良くする事で丈夫な害虫に強い作物をつくります。
緑肥播種 ギニアグラス(ソイルクリーン・ナツカゼ)・ソルゴー
・圃場の状況に応じて播種前に追肥を投入します。
・播種後、成育期間40~50日。
緑肥鋤きこみ
・緑肥の1回目の鋤きこみは浅めに実施します。
・1回目鋤きこみ後、菌体肥料を散布して鋤きこみを実施します。
土壌改良剤投入
・2週間おいて土壌改良剤を散布後、鋤きこみを実施します。
  • ピーマン栽培の流れ
  • ピーマン栽培の流れ
  • ピーマン栽培の流れ
土壌診断
EC・PHなどの状態を把握して施肥・肥培管理に応用します。
  • 植えつけ毎に土壌診断は実施しますが、特に長期取り作物は途中での診断も心掛けます。
  • 土壌診断については圃場単位に結果が異なる事を理解して実施し、後の管理に繋げます。
施肥設計
従来の慣行栽培の施肥基準では窒素量が多くなりやすく初期発育異常と病害虫の発生が多くみられるため抑制します。
  • 栽培圃場毎の設計をします。
  • 肥料、特に窒素成分については入れ過ぎに注意します。※病害虫の発生を考慮します。
  • 基本的に追肥対応を考えます。
基肥発注・投入
基肥が一番、土になじんだ状態で定植します。
  • 基肥設計に基づき、都度確認して納得したら発注します。
  • 定植または播種のタイミングをみて実施。
  • 基肥投入から定植までの期間は最低2週間空けます。
  • 畝作り時、ぼかし肥料を筋蒔きしておくと活着が良く初期発育が旺盛に。
  • 定植後4.5番果ぐらいまで走るくらいの初期発育にします。
播種・育苗
根張りの旺盛な苗作りを実施します。
  • 床土は微生物が活発に働く条件を整えます。
  • 育苗期間は寒冷紗は使用しないで日光を充分に当てて育苗します。
  • 若苗定植(30日苗)を意識して育苗します。
  • 播種量は定植本数の1割増しで実施します。
  • ピーマン栽培の流れ
  • ピーマン栽培の流れ
定植
出荷契約期間をより品質を安定した状態で守るための管理が重要です。
  • 肥培管理については、病害虫防除管理を細かく計画的に実施。
  • 病害虫防除管理については、物理的な圃場整備を進めてJASの規定に従たがって行います。
  • 月齢を見ながら灌水・追肥・葉面散布などの計画を実施。
  • 定植は浅植えが良いが、しっかり押さえて定植します。
  • 定植後40~50日程度で根洗いを実施して根が見えるようにします。
  • ピーマン栽培の流れ
  • ピーマン栽培の流れ
収穫
出荷契約期間をより品質を安定した状態で守るための管理が重要です。
  • 肥培管理日を充分に考慮します。
    ※特に長期取り作物は病害虫管理日を定期的に設けます。
  • 収穫ペースにあわせた出荷体制を考慮します。
  • ピーマン栽培の流れ
  • ピーマン栽培の流れ
  • ピーマン栽培の流れ

お問い合わせはこちら! 099-473-8084 050-3737-6538 営業時間 8:00~17:00 定休日 毎週日曜日 メールでのお問い合わせはこちら!

INFORMATION

株式会社SOHファーム
〒899-7211
鹿児島県志布志市志布志町内之倉
138-3
有機JAS認証取得!SOHファームでは無農薬(無化学農薬)にこだわり、生産者、消費者共に安心・安全なピーマンづくりに励んでおります。ジューシーで新鮮なピーマンならSOHファームにお任せ下さい。
ご質問・ご相談は電話またはメールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。
099-473-8084 050-3737-6538 営業時間 8:00~17:00 定休日  毎週日曜日
MAIL FORM

ページの先頭へ